NEWS

ニュース

台湾の長庚記念病院が「イチローⅡ」、「聴くゾウ」を導入!医薬新聞週刊で紹介されました!

台湾の長庚記念病院が、心音診察シミュレーター「イチローⅡ」と「聴くゾウ」を導入したことに関する記事が台湾の医薬新聞週刊に掲載されました。
※「イチローⅡ」はジェックス理事長の髙階經和先生が京都科学と共同開発した心音診察シミュレーターです。
※「聴くゾウ」はジェックス理事長髙階經和先生がテレメディカと共同開発した聴診専用スピーカーです。

2018年に長庚記念病院 林口分院 心臓内科科長の褚柏顯医師が来日して髙階先生を訪問し「イチローⅡ」について理解を深められた後、台湾へ帰国してイチローⅡを導入されました。

2021年には「聴くゾウ」を取り入れるなど積極的に心臓診察のスキル向上を目指されております。イチローⅡ導入前から導入後までの秘話がたっぷりと紹介されておりますので、是非ご覧ください。

 

Scroll Up