NEWS

ニュース

Julie’s Corner(ジュリー寄稿欄)No. 23 November 2021


                                                                                                                                    日本語訳 監修 木下佳代子 ジェックス参与

  •  
  • オーストラリア・日本の両国ともCOVID-19の患者数が減少しており、この間に我々が「ニューノーマル」と呼ぶものに向かっていることは素晴らしいことです。 

  • COVID 19の影響をリアルタイムでご覧になりたい方は、以下のリンクをご利用ください。

  • https://www.smh.com.au/national/covid-19-global-vaccine-tracker-and-data-centre-20210128-p56xht.html     

    ここでは、オーストラリアの各州別の2回ワクチン接種済みの人の数、総人口に占める割合が表示されています。日本を含む世界各国の状況も同様な形で最新の数字を更新日と共に知ることが出来ます。

  • 来月12月の早い段階で12月5日の国際ボランティアの日を迎えます。下記のリンクよりその日を祝うのに役立つ情報が紹介されています。

  • https://trello.com/c/7R4wda26/90-gifs-mp4.

 

  • 緩和ケアを含むあらゆる分野のボランティアは、組織を支える貴重な存在です。  今年のテーマは、ボランティアを抱える組織にとって、ボランティア活動を促進し、政府にボランティア活動の支援を促し、地域、国、国際レベルでの持続可能な目標の達成に向けたボランティアの貢献を評価する機会となります。 今年のキャンペーンは、意思決定者や市民を問わず、人々と地球のために「今」行動を起こすことを促すことを目標としています。 下記のURLには,元国連事務総長コフィ・アナン氏の言葉が紹介されています:

  • 『より良く、より安全な世界を築くという私たちの希望が単なる希望的観測ではなくなるためには、これまで以上にボランティアの参加が必要になるでしょう。』

  • https://www.unv.org/news/volunteer-now-our-common-future-international-volunteer-day-2021-campaign-launched
  •  
  • 貴重な時間と労力を割いて組織を支えてくれているボランティアの皆さんに感謝し、祝福するために何ができるかを考えてみましょう。 参考になりそうなリンクをいくつかご紹介します。

  • ・日本の外務省からのプレスリリースによると、ボランティア決議案が11月6日(現地時間11月5日)、ニューヨークでの国連総会第三委員会に提出した「国際ボランティア計画50周年とボランティア国連年20周年」決議案が133か国の共同提案国を得て、満場一致で採択されたことを報じています。

    このリンクでは、ボランティアのためのウェルネスプログラムを作成する必要性と、そのためのヒントについて、興味深い情報を提供しています。

  •  

    – この記事、「長期療養者の生活の質を高めるためのボランティアの役割。Analyzing polices that my enable or limit this role(この役割を可能にしたり制限したりする政策

  • の分析)」という記事では、カナダの視点から、ボランティアがユニークな形のリレーショナルケアを提供することで、入居者の生活の質を向上させるという重要な役割を論じています。

  • What it means to be a palliative care volunteer in eight European countries: a qualitative analysis of accounts of volunteering(ヨーロッパ8カ国における緩和ケアボランティアの意味:ボランティア活動に関する証言の質的分析)、2020年3月。 本研究は、困難な状況にある患者さんやご家族に対して、コミュニティのリソースとして注意を払い、共にいて、思いやりを提供するという意味でのボランティアについての理解を深めるものです。  

  • — 英国のリソース ボランティア活動。Vital to our future: How to make the most of volunteering in hospice and palliative care, 2014.  出版されてから6年が経過していますが、ホスピス・緩和ケアでのボランティアプログラムの開発を考えている方には、この資料の中に非常に興味深い情報があります。

    右のリンクをクリックすると、資料集を無料でダウンロードできます。

    https://www.togetherforshortlives.org.uk/resource/volunteering-vital-future/
  • – 禁止するのか、守るのか、それとも適応するのか? COVID-19パンデミック時の緩和ケアサービスにおけるボランティアの役割の変化。 多国間調査、2021年  本研究の目的は、緩和ケアサービス内でのボランティア派遣活動を理解し、COVID19パンデミック中のボランティアサービス提供の変化に影響を与える可能性のあるものを特定することである。 記事全文は、リンクを開く際にページの右側をクリックするとご覧いただけます: https://www.ijhpm.com/article_4132.html

  • ご希望の分野がございましたら、英語または日本語で下記までご連絡ください。

  •                          Julie@palliativeeducation.com
  •  

    私たちは、このことが議論されるようにします。  緩和ケアにおける皆さんの考えや経験を共有することで、お互いに学び続けることができます。 

    パンデミックの間、どうか安全にお過ごしください。 来月のキャッチアップを楽しみにしています。

     

    ごきげんよう、ジュリー

     

  •  


    [事務局より]
    直接、ジュリーさんにメールを出しにくい場合は、遠慮なくジェックス事務局(nurse@jeccs.org ) まで、日本語でご連絡ください。感想、質問などをお待ちしています。
    Disclaimer: November 2021 免責条項:
    Australian International Palliative Education and Consultancy Services (AIPEACS) は、Julie’s Corner シリーズ内の内容につき正確な情報の提供に細心の注意を注いでいますが、特にある事柄についての専門的意見を提供するものではありません。このシリーズに含まれる情報は、独立した専門家の見解に取って代るものではありません。また、医療上の助言として利用したり、何らかの疾患の治療、手当、又は、予防のために使用されるものではありません。
    AIPEACSは、このシリーズにより提供される情報の利用、依存によるいかなる法的責任、怪我、紛失、損害については、責任は負いません 。  

    Australian International Palliative Education and Consultancy Services Pty. Ltd
    Julie’s Corner: November 2021 (原文)


    It is great to see both countries COVID-19 patient numbers are decreasing and we are moving towards what we call the “new normal” during this time.   If you are interesting in seeing the impact of COVID 19 in real time, please use the following link: 

    https://www.smh.com.au/national/covid-19-global-vaccine-tracker-and-data-centre-20210128-p56xht.html    
  •  Early next month we celebrate International Volunteer Day on the 5 December. 

 

The following link will take you to a number of resources that can be copied to celebrate the day  https://trello.com/c/7R4wda26/90-gifs-mp4.  Volunteers in all areas including palliative care are valuable in supporting organisations.   This year’s theme offers an opportunity for organisations with volunteers to promote volunteerism, encourage governments to support volunteer efforts and recognize volunteer contributions to the achievement of the Sustainable Goals at local, national and international levels.  The campaign this year’s aims to inspire people, whether they are decision makers or citizens to take action NOW for people and the planet. https://www.unv.org/news/volunteer-now-our-common-future-international-volunteer-day-2021-campaign-launched 

Think about what you can do to celebrate and thank all the volunteers who dedicate their precious time and efforts to support your organisation. 

Here are some interesting links you may find helpful:

Please stay safe during the pandemic.  I am looking forward to our next month’s catch up.

Take care, Julie