EVENT

講習会・研修会

ダウンロード【PDF】

第340回 臨床心臓病研修会

心房細動診療最前線 ―将来のリスクに備えたトータルマネージメントー

講師:宮村 昌利 先生(大阪医科大学内科学Ⅲ教室 ・ 循環器内科 講師)

開催日:2019年11月16日 (土)

我が国の高齢者率の増加とともに心房細動の有病率は増加の一途にある。心房細動患者の脳卒中予防として、新規抗凝固薬=NOAC/DOACが使用可能となり5年以上経過した。一部の抗凝固薬には中和剤も登場し、抗血栓治療は新たなフェーズに入ったと思われる。また、非薬物治療であるカテーテルアブレーションの安全性も向上し、広く行われるようになっている。抗凝固療法に関する当科でのデータも紹介しつつ、心房細動治療の最新知見を報告する。

講師:宮村 昌利 先生
          (大阪医科大学内科学Ⅲ教室 ・ 循環器内科 講師)
司会:天野 利男(ジェックス理事)
日時:2019年11月16日(土)
午後3時~4時30分
場所:ジェックス研修センター
大阪市淀川区西中島4-6-17 新大阪シールビル4階
受講料:無料(会員でない方:2,000円)
申込は不要です。
直接会場へお越し下さい。

(大阪府医師会生涯研修システム登録研修会)
(大阪府薬剤師会生涯教育研修制度≪5単位≫)
※大阪府薬剤師会会員の方は受付で薬剤師章をご提示ください。
※一般の方(元医療従事者は除く)の受講はご遠慮ください。

共催:公益社団法人臨床心臓病学教育研究会

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

一覧へ戻る
Scroll Up