EVENT

講習会・研修会

ダウンロード【PDF】

第339回 臨床心臓病研修会

静脈血栓症の診断と治療

講師:羽野 嘉文 先生  社会医療法人祐生会 みどりヶ丘病院 循環器内科

開催日:2019年10月19日 (土)

深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症は関連した疾患としてVTEという概念で考えられるようになってきた。かつては診断されないことも多かったが、診断機器の発達や疾患の概念浸透により診断される患者は増加傾向にある。ただし、原因不明なことが多く、再発率が高いことがあり、抗凝固薬は最低でも3ヶ月もしくは半永久的に継続されることが多くなっている。ワーファリンしかない時代は、食事や他の薬剤の影響を受けることも多く、頻回な採血、効果判定、微調整が必要であった為、コントロール良好な状態を維持するのが困難であった。

近年、新規経口抗凝固薬であるDOACが処方できるようになり、頻回な採血の必要なく、他の薬剤との相互関係も少ないためVTEの治療薬として注目されている。
本講演ではVTEの概念、DOACを含めた最新の治療を中心にお伝え致します。

講師:羽野 嘉文 先生
(社会医療法人祐生会 みどりヶ丘病院 循環器内科)
司会:宮崎 俊一(ジェックス理事)
日時:2019年10月19日(土)
午後3時~4時30分
場所:ジェックス研修センター
大阪市淀川区西中島4-6-17 新大阪シールビル4階
受講料:無料(会員でない方:2,000円)
申込は不要です。
直接会場へお越し下さい。

(大阪府医師会生涯研修システム登録研修会)
(大阪府薬剤師会生涯教育研修制度≪5単位≫)
※大阪府薬剤師会会員の方は受付で薬剤師章をご提示ください。
※一般の方(元医療従事者は除く)の受講はご遠慮ください。

共催:公益社団法人臨床心臓病学教育研究会
第一三共株式会社

一覧へ戻る
Scroll Up