NEWS

ニュース

Julie’s Corner(ジュリー寄稿欄)No. 20 August 2021


                                                                                                                                    

  1. 日本語訳 監修 木下佳代子 ジェックス参与

  2.  
  3.  今月は、COVID-19のパンデミック中に、愛する人を失った悲しみを抱えている人へのサポートを考える必要について話し合いたいと思います。悲しみや喪失感はいつでも苦痛を伴います。
     アラン・ケルヒア教授は次のように説明しています。

  4. 「・・・悲しみとは、愛するものや人を失ったときの、正常な心の痛みです。

  5. 誰かを愛していて、その人を失って、悲しみや嘆きを感じないということはありえません。

  6. だから、それは普通のことであり、異文化でも共通であり、普遍的であり、時間を超越したものなのです。

  7. それがあなたを破壊することはありません。悲しみは人それぞれであり、一度限りの経験で乗り越えられるものではありません。

  8. 悲しみはやってきて、あなたを再び訪れます。

  9. そして、悲しみが戻ってきたとき、あなたは違う方法でそれに適応するでしょう。

  10. 1年後、5年後、20年後にはまた違った気持ちになるでしょう。

  11. それはあなたの人生の一部になるでしょう。

  12. なぜなら私たちは、愛着心や亡くなった人との関係性、そして愛について話しているからです。」

  13. https://coronavirus.beyondblue.org.au/managing-my-daily-life/coping-with-grief-and-loss/grieving-the-loss-of-a-loved-one-during-the-coronavirus-pandemic.html

     

パンデミック中に誰かを失うことは、COVID-19によるものであれ、その他の原因によるものであれ、悲しむ人にとってさらなる困難をもたらすかもしれません。

これには以下のような原因が考えられます。

    • ●死を取り巻く状況。例えば、面会が制限されていて、その場に立ち会うことができなかったり、突然の死で、直接お別れをする機会がなかったり、海外で亡くなったために訪問することができなかったりする場合です。

      ●この時期の葬儀は、物理的な距離を置くために、通常とは異なるものとなります。
      例えば、参列者の数が制限されていたり、参列しても誰かのそばに座ってサポートを受けることができなかったり、葬儀後すぐに集まることができなかったりします。

      ●友人や家族と顔を合わせてサポートを受ける機会が減り、孤立感や孤独感が増す可能性があります。

      ●活動レベルの低下により、考える時間が増え、気晴らしとしての趣味や関心事が減ります。

      ●パンデミックがもたらす不確実性により、生活の不確実性が高まり、将来の計画に影響を与える可能性があります。

      ●病気や死を思い出す頻度の増加。
      (Spendelow, https://www.psychologytoday.com/au/blog/bravery-in-bereavement/202004/how-cope-bereavement-during-the-covid-19-pandemic

ここでは、COVIDパンデミック時に悲しむ人をサポートする際に役立つと思われる様々な資料を紹介します。

●悲しみとコロナウイルス Marie Curie UK。 (ビデオ, 5分45秒)
https://www.mariecurie.org.uk/help/support/coronavirus/grief-coronavirus#harder

●英国におけるCOVID19の第一波における悲しみを理解する- 個人レベルおよび集団レベルでの課題と支援への仮説的アプローチ
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fsoc.2021.607645/full

●COVID19期間中の死と悲嘆への対処、2020年4月、英国心理学会。
ページ下部にある紫色のボックスをクリックして、ガイドの全文を読んでください。
https://www.bps.org.uk/coronavirus-resources/public/coping-death-and-grief

悲しみ全般に関連する資料

●悲しみとは何ですか。オーストラリア・悲しみと死別センター
https://aged.grief.org.au/AgedCare/Fact_Sheets/Docs/What_is_Grief.aspx

●高齢者:悲しみが癒えないとき。 オーストラリア・悲しみと死別センター
https://aged.grief.org.au/AgedCare/Fact_Sheets/Docs/Older_adults_when_grief_won’t_heal.aspx

●死別、悲しみ、喪失のビデオ(1分)
https://healthtranslations.vic.gov.au/bhcv2/bhcht.nsf/PresentDetail?Open&s=Bereavement,_grief_and_loss_


追加情報を希望される分野がありましたら、ご要望を julie@palliativeeducation.com までご連絡ください(英語でも日本語でも可)。 緩和ケアに関する皆様のご意見やご経験を共有することで、お互いに学び合うことができますので、皆様のご様子をお聞かせください。
パンデミックの間、どうか安全にお過ごしください。 来月の報告の機会を楽しみにしています。
ごきげんよう、ジュリー

  1. [事務局より]
  2. 直接、ジュリーさんにメールを出しにくい場合は、遠慮なくジェックス事務局(nurse@jeccs.org ) まで、日本語でご連絡ください。感想、質問などをお待ちしています。

  3.  
  4. Disclaimer: August 2021 免責条項:
  5. Australian International Palliative Education and Consultancy Services (AIPEACS) は、Julie’s Corner シリーズ内の内容につき正確な情報の提供に細心の注意を注いでいますが、特にある事柄についての専門的意見を提供するものではありません。このシリーズに含まれる情報は、独立した専門家の見解に取って代るものではありません。また、医療上の助言として利用したり、何らかの疾患の治療、手当、又は、予防のために使用されるものではありません。
  6. AIPEACSは、このシリーズにより提供される情報の利用、依存によるいかなる法的責任、怪我、紛失、損害については、責任は負いません 。  

  7. Australian International Palliative Education and Consultancy Services Pty. Ltd

Julie’s Corner: August 2021 (原文) 

This month’s discussion relates to the need for us to consider the support that may be required for those grieving the loss of a loved one during the COVID-19 pandemic.  Grief and Loss at any time is distressing.  As Professor Allan Kellehear, explains, 

“…grief is a normal, sorrowful reaction to losing something or someone you love.  You can’t love somebody and then lose them and not feel sorrow, feel grief. So it’s normal, it’s cross-cultural, it’s universal, it’s timeless. It won’t destroy you.  Everyone’s grief is unique it rarely occurs as a one off experience to be overcome.    It will come and revisit you. And you’ll adjust to it differently when it comes back. You’ll feel different about it in one year, in five years and in 20 years. It will be a part of your life because we are talking about attachment, relationships and love.”  https://coronavirus.beyondblue.org.au/managing-my-daily-life/coping-with-grief-and-loss/grieving-the-loss-of-a-loved-one-during-the-coronavirus-pandemic.html

Losing someone during the current coronavirus pandemic whether due to COVID-19 or to other causes, may result in additional challenges for the person grieving.   This may be due to:

  • ●The circumstances surrounding the death. For example; various restrictions on visiting the person who was dying, not being able to be present for the death, the death may have been sudden, no chance to say goodbye in person or the death may have happened in another country and you were unable to visit
  • ●Funerals are often different at this time due to physical distancing measures. For example; limits on the number of people who can attend, if you do attend not being able to sit close to someone for support and often not being able to gather immediately after the funeral
  • ●Less availability of face to face support from friends and family which may lead to a greater sense of isolation and loneliness
  • ●Decreased activity levels which may result in more thinking time and less use of hobbies and interests as helpful distractions
  • ●Increased uncertainty in life due to the uncertainties the pandemics brings which may impact on planning for the future
  • ●Increased frequency in the reminders of illness and death (Spendelow, https://www.psychologytoday.com/au/blog/bravery-in-bereavement/202004/how-cope-bereavement-during-the-covid-19-pandemic

I have listed a variety of resources you may find useful in relation to supporting someone who is grieving during the COVID pandemic:   

Resources related to Grief in general:

If you have any particular areas you would like additional information on, please forward your request (either in English or Japanese) to julie@palliativeeducation.com  and we will ensure this is discussed.   Don’t forget to let me know how you are going, as we enjoy sharing your thoughts and experiences in palliative care, so we can continue to learn from each other.  

Please stay safe during the pandemic.  I am looking forward to our next month’s catch up.

Take care, Julie

Scroll Up