NEWS

ニュース

Julie’s Corner(ジュリー寄稿欄)No. 12 October 2020

  Julie Paul, Director, AIPEACS 

                                                                                                           

( 注:10月号が大幅に遅れました。申し訳ございません。ジェックス事務局 )                                  

                                                                                                                 日本語訳 監修 木下佳代子 ジェックス参与

今月は、患者の皆さんが病気の治療中に経験すること、治療目標として望むこと、そして、コミュニケーションが及ぼす影響について理解することの重要性について考えてみたいと思います。このような分野であなたにとって参考となるようなリンクを用意しました。

先ず初めに、NHKワールドから緩和ケア医師であり、ご自身ががんの診断を受けた大橋洋平医師の話を日本放送協会の放送で聴いてみましょう。

   https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/audio/plugin-20200107-1/.

この放送は、患者の視点を理解することの大切なこと、有意義で前向きな意思疎通に寄与することの大切さを思い起こさせてくれます。

 

大いに役立つものとして、「The Vital talk」(バイタルトーク)は、病状の重篤な、末期状態において患者に正直に話すこと、そして患者の気持ちを理解することのバランスを採りながら高度なコミュニケーション術に焦点を当てたサイトです。そのホームページは、次のような状況下でのコミュニケーション分野で役に立つ数種類のビデオや手段を使用しています:

  •   -深刻な状況を伝える

      -ケアの目的、目標を話す

      -家族会議を計画する

      -信頼関係を築く

      -前兆を示す

      -感情の動きを察知し対応する

      -心理的葛藤を和らげる

      -自己の技術を磨く  

     https://www.vitaltalk.org/resources/

     

    別の資料として「The COVID Ready Communication Playbook = コロナに備えたコミュニケーション作戦帳」。このツールは、臨床医が持続できる方法において誠実、共感、思いやりをもって日々の診療にあたることが出来る最高のツールです。これは、COVID(コロナ)感染症に備えて作成されたものですが、それ以上に他の状況にも転用できる多くの貴重な内容のものです。次のリンクから日本語訳を参照ください。

  •  
  •   https://www.vitaltalk.org/wp-content/uploads/VitalTalk_COVID_Japanese.pdf

     

    あなたにとって興味あるコミュニケーションに関する資料や記事を下記に示します:

    • 要約すれば、コミュニケーション能力を伸ばし向上させることは緩和ケアにおける患者や家族にとって極めて重要なことであるということです。今月の更新版は、皆さんにとって興味のある分野に役立つ資料・情報を提供することに注力しています。

       

      皆さまの中で緩和ケアやMNDに関する日本語のガイドや記事などをご存知の場合は、私宛に送っていただければ次号で皆さんと共有したいと思います。

       

      いつものことですが、あなたがある特定の分野で追加の情報が欲しいというような時は、どうぞ私宛julie@palliativeeducation.com  に連絡ください。そのことについて次号にて取り上げます。皆さんが緩和ケアの分野でどのような活躍をされているか、お考えや経験されたことを皆で共有しましょう。お互いに学び合うことができると思います。

       

      それでは、次号でまたお目にかかれることを楽しみにしています。

  • お元気で、ごきげんよう。  Julie
  •  
  •  
  •  
  •  
    •  
    •  
    •  
    • [事務局より]
    •  

      直接、ジュリーさんに、メールを出しにくい場合は、ご遠慮なく、ジェックス事務局(nurse@jeccs.org ) まで、日本語でご連絡ください。感想、質問などをお待ちしています。

    •  
    • Disclaimer: October  2020   免責条項:
    • Australian International Palliative Education and Consultancy Services (AIPEACS) は、Julie’s Corner シリーズ内の内容につき正確な情報の提供に細心の注意を注いでいますが、特にある事柄についての専門的意見を提供するものではありません。このシリーズに含まれる情報は、独立した専門家の見解に取って代るものではありません。また、医療上の助言として利用したり、何らかの疾患の治療、手当、又は、予防のために使用されるものではありません。
    • AIPEACSは、このシリーズにより提供される情報の利用、依存によるいかなる法的責任、怪我、紛失、損害については、責任は負いません   
    • Australian International Palliative Education and Consultancy Services Pty. Ltd

 

Julie’s Corner:  October  2020 (原文) [4月号より英文原文も掲載しています]

This month we will reflect on the importance of understanding the patients experience of their illness trajectory, their goals and preferences and the potential impact our communication can have.   Links have been provided to enable you to choose the specific topics that you would like to reflect on further in this area.

To start our reflections please have a listen to NHK World – Plug in Japan broadcast by Dr Yohei Ohashim a palliative care physician diagnosed with cancer.   https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/audio/plugin-20200107-1/.  This broadcast reminds us of the importance of understanding the patients’ perspective and the opportunities we have to contribute to meaningful and positive communication.  

A great resource is “The Vital talk” website that specializes in advanced communication skills focused on balancing honesty with empathy when discussing serious illness and end of life.  The website uses a variety of useful videos, tools and resources to support development in a variety of communication areas for example: 

  •  
    •       –  Disclose serious news
    •       –  Address goals of care
    •       –  Conduct a family conference
    •       –  Establishing rapport
    •       –  Offer prognostic information
    •       –  Track and respond to emotion
    •       –  Defuse conflict and
    •       –  Cultivating your skills https://www.vitaltalk.org/resources/
  • Another resource is the The COVID Ready Communication Playbook.  This tool is a super concentrated blast of tips that will enable clinicians to navigate through their day with honesty, empathy and compassion in a way that is sustainable.  Whilst this was developed in response to COVID there are many “gems” that are transferable in other settings.  Use the following link to access the Japanese translated version.  

    https://www.vitaltalk.org/wp-content/uploads/VitalTalk_COVID_Japanese.pdf

  •  

I am looking forward to our next month’s catch up, take care and stay safe Julie

Scroll Up