NEWS

ニュース

Julie’s Corner(ジュリー寄稿欄)No. 3 December 2019

クリスマスは、ほとんどの家族にとってお祝い、そして家族が集う伝統の機会です。しかし一方であなたの近くに住む誰かにとっては、死や死期を間近に感じるときになることがあります。家族と一緒に過ごす最後のクリスマスであったり、もしかすると初めて一人で過ごすクリスマスになってしまうこともあるのです。余命がないこと、死、家族との別れについて話ができないでいると、孤独に苛まれ、もう救われることはないと思い込む恐れがあります。死、死を待つ人、そして残された家族の悲しみは、特にこの時期には耐え難いものであるということをよく理解する必要があります。

 

一般的に悲しみや喪失感への対処の仕方として、これが正しいとか、間違い、といった方法があるわけではありません。

ただ、予測される耐え難い日々を迎える準備をあらかじめしておくことで、つらい日々を乗り切るのに役立つことがあると思います。

 

年末というのは、過ぎ去った12ヶ月について振り返る時です。そして次の12ヶ月について個人的な目標を設定する機会でもあります。あなた自身のセルフケア目標を決めることを忘れないようにしましょう。もしも緩和ケアについて勉強したいというのが目標の一つであるなら、個人的に興味のあることを教えてください。そうすれば、毎月のジュリーズ・コーナーで取り上げたいと思います。私宛のメールアドレスは、Julie@palliativeeducation.com です。私へのメールは、日本語でも英語でも大丈夫です。皆様がどのように過ごされているかを知りたいです。と言うのも、緩和ケアについて皆様の考えや経験を共有することでお互い学び続けることが出来ると思うからです。

 

AIPEACSチームより、皆様にとって来るクリスマスが安全で楽しいものであることを祈念しています。

また、2020年に毎月の「ジュリーのコーナー」でお目にかかれることを楽しみにしています。

ごきげんよう、ジュリー

 

 

 

 

 

                  資料編

今回のテーマについて役立つ検索サイトをいくつかご紹介します:

1.    思い出:https://www.caresearch.com.au/caresearch/tabid/1137/Default.aspx

2.    重病を患っているときのお祝いや特別の日の過ごし方:

https://www.caresearch.com.au/caresearch/Portals/0/Fact-Sheets/2014-Sept-7-Coping-w-holidays-WEB-G1431.pdf

3.   悲しみについて:https://www.caresearch.com.au/caresearch/tabid/1136/Default.aspx

4.   子供を亡くした時のかなしみについて:https://compassionatefriendssa.org.au/wp-content/uploads/2015/08/Understanding-Grief-When-a-Child-Dies.pdf

5.   悲しみ、記念日と大切な思い出:

https://www.grief.org.au/uploads/uploads/GriefAnniversariesSignificant%20Events.pdf

6.   お祝いのシーズンにがんとの付き合い方:https://www.cancercouncil.com.au/blog/coping-with-cancer-over-the-festive-season/

                      お知らせ:

 今回から寄稿文シリーズ(ジュリーのコーナー)の英文を日本文(訳文)の後に掲載することになりました。   

ジュリーさんから、日本の読者の皆様のためにその方が良いのではとのご提案に従うことにしました。 

December 2019:    Julie’s Corner       No. 3

Christmas is a time of celebration and tradition for most families.  However, we know that for some people in our community during this time will be affected by death and dying.   This may relate to the anticipation of the possibility that this is their last Christmas together or the reality of their first Christmas without someone.  Being unable to talk about dying, death and loss with families creates the risk of families feeling isolated and unsupported.  We need to acknowledge the impact of death, dying and grieving with families as we know this time of year can be hard. (Caresearch 2019)

We know there is no right or wrong way for members of the community to cope in managing grief and loss.  We do know though that planning for anticipated difficult days can help people get through the day.    

Here are a few links that may assist your reflections in this area:

Remembering https://www.caresearch.com.au/caresearch/tabid/1137/Default.aspx

Coping with holidays and special days in tough times of serious illness https://www.caresearch.com.au/caresearch/Portals/0/Fact-Sheets/2014-Sept-7-Coping-w-holidays-WEB-G1431.pdf

Grief and Sadness https://www.caresearch.com.au/caresearch/tabid/1136/Default.aspx

Understanding Grief When A Child Dies https://compassionatefriendssa.org.au/wp-content/uploads/2015/08/Understanding-Grief-When-a-Child-Dies.pdf

Coping with cancer over the festive season https://www.cancercouncil.com.au/blog/coping-with-cancer-over-the-festive-season/

The end of the year is also a time for us to reflect on the last 12 months and set personal goals for the next 12 months.  Remember to ensure you include a self-care goal for yourself as well.   If one of your goals is to explore palliative care a little bit more, please let me know your interests so we can include these areas in one of the monthly updates.  You can contact me on julie@palliativeeducation.com  Reminder, you can email me in Japanese or English.

Please let me know how you are going as we would enjoy sharing your thoughts and experiences on palliative care, so that we can continue to learn from each other. 

Best wishes for a safe and enjoyable Christmas from the team at AIPEACS.  Looking forward to our monthly catch ups in 2020.  

Take care Julie 

 

 

Scroll Up