症例15 主訴:息切れ 男性 61歳 2009.1

5. 心筋症 < 肥大型心筋症

症例15

主訴:息切れ

男性 61歳 2009年1月掲載分

解答・解説

症例15の解答と解説

【解答】
洞徐脈・肥大型心筋症
 

【解説】
16年前から息切れが出るようになり、会社の産業医を受診。 心電図の胸部誘導でT波の陰性化を指摘されていた。ヘルベッサー(100)カプセルを 1錠/日の処方を受けていた。会社の友人の紹介により当クリニックを受診。
聴診により第3肋間、胸骨左縁に収縮中期駆出性雑音(III/IV度)が聴取された。
 

血液化学検査(平成20年10月25日施行)では、
血糖値:228mg/dl, HbA1c:7.8%,
総コレステロール値:227mg/dl,
LDLコレステロール値:143mg /dl,
中性脂肪:228mg/dl
であった。
 
心電図所見では第I誘導、特に胸部誘導左室側全体に高いR波と深いS波、ST部分の低下、およびT波の陰性化が著明。

高階經和(ジェックス理事長)

 

閉じる

 

出題:高階經和(ジェックス理事長・高階国際クリニック院長)

 

心電図(拡大版はこちらをクリック)

心電図