スペインで「イチロー君」大いに活躍

「スペインで「イチロー君」大いに活躍」 (2007.1.22 更新)

はじめに:

私がプロジェクト・リーダーとして研究開発した心臓病患者シミュレータ「イチロー」(英文名:Simulator ” K ” )の研究論文は、1997年8月にCARDIOLOGYに発表され、いまや「イチロー」はわが国の殆どの大学医学部や医科大学に導入されている。

そして今年、スペインのバルセロナ大学医学部とマドリッド医科大学にも数台が導入された結果、本プロジェクトのリーダーである私に「Simulator ” K ” を使って実際に臨床医学指導者への研修を行って欲しい」とマドリッド医科大学付属メナリニ医学教育研究所のドクター・ホルディ・アバド(Dr. Jordi Abad Sala)から客員教授として招聘したい旨の依頼があったのは、7月始めのことである。(因みに ” K ” は私のアメリカ留学時代からのニックネームである。)


バルセロナへの旅:

10月7日、正午に関西国際空港からエールフランス251便で発ち、11時間50分後にパリ・シャルル・ドゴール空港に到着し、約3時間後の午後9時50分、パリを飛び発った。エールフランスの機窓を通して眼下に広がる宝石を散りばめた様なパリの街の明かり、優雅な曲線を描いてライトアップされたエッフェル塔の美しさに思わず見とれてしまった。飛行機は1時間20分後にバルセロナ国際空港に到着した。タクシーに乗って「セナトール オテル、ポル ファボール」と言うと、「シ セニョール」(はい)。タクシーの運転手は殆ど英語が分からない。ホテルに着いて20ユーロを払ったところ、「グラシアス、ブエナス ノチェス セニョール」(有難うございました。お休みなさい)といった挨拶が、彼と話した二言目の会話だった。

翌朝の10月8日(日)、スペインは店舗を始めあらゆる営業が休みである。
午前中まだ時差の取れなかった私はベッドで休んでいたが、午後には体調も回復し、現地入りをしていた京都科学の遠藤陽子さんの案内で、ホテルからタクシーで10分のところにある世界的に礼拝堂の有名な「サグラダ・ファミリア」(Sagrada Familia)を訪れた。この建物は初代の建築家ピリャールが1856年から建設を始め、彼の辞任に伴って1882年にガウディが若干31歳で彼の後を継いだ。(右:写真1)
barce0この礼拝堂は世界の建築物の中でも特に有名であることは、周知の通りであるが、ピリャールが建設をはじめて既に今年で150年が経つ。その後、世界中の建築家がお互いに協力し、日本からは今井さんが参加した。壮大なスケールの礼拝堂は、正に想像を遥かに超え完成までに向こう100年はかかるとの話だった。

 
翌10月9日、バルセロナ大学付属病院の「サン・パン病院」で正午から午後6時まで、研修講義を行う事になった。この病院の正面玄関もガウディの建築によるものだ。広大な病院も中世の面影を残す立派な建物であった。二階にある研修室は約30人の人が入れる部屋で、そこに「イチロー」が既に設置されていた。私にとっては息子と久し振りに出会った気分である。研修参加者は約20名の指導医が中心であったが、約半数が女性のドクターや学生であり、バルセロナの四つの病院からそれぞれ研修のために参加していた。

最初に私は自己紹介を兼ね、スペイン語でまず挨拶をしたが、参加者の緊張を解すために英語でジョークを言った。その内容は

『ある病院の小児科病棟のプレイルームで一人の男の子が、もう一人の男の子に

「君は内科患者なの?それとも外科患者なの?」

「そんな難しい言葉は分からないよ」

「それは簡単だよ。病院に来る前に身体の調子が悪くっても、入院したら良くなるのが内科だよ。その反対に入院する前は元気でも、入院してから身体が悪くなるのが外科だよ」と言いました』と言った途端、参加者の表情がにこやかな笑顔に変わった。

すっかり気分の良くなった私は「心臓病シミュレータによる臨床手技の教育効果」について、パワーポイントを使いながら、 Simulator ” K ” 開発に至る研究の過程や、9年間に行った約1500名の参加者の研修効果についてスライドで説明し、約1時間半の講義を行った。(下:写真2)

 
barce7

休憩を挟んで、午後6時まで正常の頚静脈波の診かたから始まり、頚動脈と橈骨動脈における脈波伝播速度の差を自分の頚動脈と橈骨動脈で体験させることが、医学生に対しては一番良い方法であることを話した。私は正常症例から始まり、各心疾患を参加者全員が診察をすることが出来るように時間を取って指導していった。今回の研修には特別な気持ちで接した。それは参加者が真剣な面持ちで私の研修指導の方法を短時間内に学ぼうとしていたからである。彼らの中には、正常呼吸分裂で呼気でも僅かなII音分裂が聴こえると機械的ズレをも指摘したドクターがいた。私は率直に彼の指摘を認め、シミュレータの下部の呼吸圧調整が必要であることを伝えた。様々な症例についての私の臨床経験や、口真似による「心音擬音法」を紹介すると、一緒に仕事を手伝ってくれたイギリス人のMr. Alan Morrissey(彼は1969年からスペインに住んでいる)が、「プロフェッサー・タカシナがおられたら、Simulator ” K ” は要りませんね。」と冗談を言ったので、参加者のドクター達も笑いながら頷いていた。

一人の循環器専門医が「各疾患についても様々な違った心雑音を示す症例があるので、それはこのシミュレータで再現することができるか?」と訊いた。私は「それは可能だが、現在の段階では初心者のための教育機器として、あまり複雑な症例はインプットしていない」と答え、彼も「そうだろうね。教育には初めから複雑なケースを教えると反って分からなくなるからね」と私の説明に納得したようである。こうしてバルセロナでの研修講義が無事に終わった。そして我々は今回のスペインでMedical Simulatorのスタッと共に、午後9時の飛行機でマドリッドに飛んだ。1時間の飛行の後にマドリッドにつき、ホテルに入った。


マドリッド:

翌10月10日の午前中、時間が空いたので、私は一人でプラド美術館にタクシーで行ってみたが、残念ながら火曜日は休館日とのことであった。周りの店も殆どがまだ開店していない。プラド美術館のすぐ前にある地下鉄駅があり、その一角がブルーの覆いで囲まれている。イラク戦争に参加したスペインに対するテロの報復によって爆破され多くの犠牲者を出したのが、2年前のことであったことを想いだした。その囲いに中に記念碑が建てられているとのことであった。
madrid1

午後6時から、マドリッド医科大学で講演を行った。まず、女性の病理学者であるゴンサレス学長が挨拶を行い、主催者であるドクター・アバド、Medical Simulatorのエドワルド・クローサス氏の後、私がスペイン語で挨拶をしたが、会場から拍手が起こった。2ヶ月掛って覚えたスペイン語が報われたと思った。(右:写真3)

「イチロー」を前にして、私が予て提唱している「臨床における三つの言葉」、すなわち「日常語・身体語・臓器語」の重要性について話した内容を1時間英語で講演したが、30名の参加者は熱心に私の話を聞いてくれた。(下:写真4)
madrid2

講演を終え、私は今回の講演旅行に際してご協力頂いたエドワルド・クローサス氏にスペイン語の感謝状を贈った(同文の感謝状を私は京都科学の片山英伸社長にも日本に帰ってから贈った)。何よりも驚いたのは、ゴンサレス学長が最後まで私の話を聴き、そして「イチロー」を診察し、最後にマドリッド医科大学の紋章の入ったバッチを私の胸に付けて頂いたことである。彼女の「エコープシィ」という新しいエコーを使った病理研究法を紹介したCDと、スペインの病理学者を紹介した本を贈って頂いたのである。また、ゴンサレス学長付きのドクターから「再び、マドリッド医科大学にお出で頂きたい」との招聘を受けた事は予想外のことであった。

こうして、バルセロナとマドリッドでの講演が無事に終わり、10月12日にはバルセロナからパリ経由で帰国の途に着いたが、今回の旅では現地でお世話になった、同大学付属教育研究所のドクター・アバド、Medical Simulatorのスタッフの方々をはじめ、京都科学の遠藤陽子氏にも感謝の意を表したい。



文献:
1. Takashina,T., Shimizu,M., Katayama,H: A New Cardiology Patient Simulator. CARDIOLOGY 1997;88:408-413
2. Takashina, T.:Cardiology Patient Simulator to Improve Bedside Clinical Skills. International News and Highlights, Council
  Connections of American Heart Association,2005;3:5



写真説明:

1.ガウディの「サグラダ・ファミリア」(Sagrada Familia) は現在も建設中である。

2.バルセロナ大学医学部で「イチロー」を使って研修中の筆者

3.マドリッド医科大学の講演で挨拶する筆者。左からエドワルド・クローサス氏、筆者、ゴンサレス学長と
  ドクター・ホルディ・アバド

4.マドリッド医科大学で「イチロー」を前にして講演中の筆者。